March 02, 2009

QSLカードの書き方

今日、お約束のBureauからのQSLカードが到着しました。
あれ?、今回はことごとく国内ばかりが「たった2束」届いただけで、なーんだかとってもガッカリした気分です。
こういう事になると、またしても「JARL Bureauって何してるんだ?」と思いたくなってしまうのです。
多少のばらつきはあっても、コンスタントにIncoming QSLはBureauに届いているはずなのに、沢山送られて来る時と、そうでない時の落差が大きすぎると思うのです。

他国のBureauはボランティアで運営されているので、すべて有料か自身で取りに行く、或いは封筒をおいてくるような手続きが必要なのです。
かくいう私も、W1のQSL Bureau には年に1回IRCと共に返送用の封筒を送っています。
これは、どんなにW1 Bureauに送るなとアナウンスしても、相当数のQSLが回ってしまうため、ボランティアメンバーに迷惑をかけないようにとの、ささやかな配慮のつもりです。

話が脱線しましたが、今回の日本国内からのカードをざっと眺めてみたところ、笑える(失礼!)カードが沢山来ています。
QSLを請求する際に、この人は考えて書いているのだろうか、と思ってしまうようなものが沢山あります。
少なくともQSLカードが相互の交信結果を証明するものだと認識があれば、もう少し何とか書き様もあるのだと、私は思うのです。

多分V63VE斉藤師匠とQSOしたのでしょうが、 To radio : JF1OCQ/V63というのが最初に目に付きました(笑)
一体、このカードの送り主はこういうコールサインでQSOしたのでしょうかね?
またこんなのもありました。

「V6/V73OCQ」

これに至ってはなにをか云わんや、ただただ爆笑あるのみです。

| | TrackBack (0)

November 05, 2008

QSLの束

10月末におきまりのQSLがJARLから送られて来た。
今回は約400枚で、前回8月の約3倍の量になる計算だ。
大体のイメージとしては、海外からの分をまとめて送ってくるような感じがするなぁ...
毎回平均的に送るというのは難しいのかもしれないが、出来るだけ均等に送ってもらえたらFBなのだが....

それにしてもQSLカードの質が本当に向上しましたね。
特にEuからのものは劇的と称しても良いかもしれません。
紙質は言うまでもなく、そのデザインと色が格段に違うのです。
いわゆる2色刷や3色刷ではなく、どれもがフルカラー印刷で出来ていて、パソコンを駆使したデザインの塊である。
今回、斉藤師匠のYJ0AVEで新しいカードを作るが、Euからのカードの負けないものを作らねばなるない。

さて今日も元気にご出勤です。
FB DX!

| | TrackBack (0)

September 17, 2007

世界のQSLビューロ

10年も前のDXバケのQSLが今でも来るのは仕方のない事なんでしょうが、返事をするこちらはQSLの転送手数料が結構タイヘンです。
そこで考えたのが、IARUのホームページに公開されている各国のビューロに直接カードを送る事です。

Iaru_envelope

まず、IARUのホームページから住所をクリップボードにコピーしたものを、ワープロに貼り付けて、それを長3封筒のサイズで印刷出来るように加工をした。
それを印刷物で、かつ船便(Surface)で出す事を考えた訳です。

船便かつ印刷物は世界一律で最低\70-(50gまで)ですから、私の様に10枚程度の請求に返事を出すものには最適です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2006

またまた

出た!究極の掟破りカード(笑)
QRZの私の住所を印刷した紙を折り曲げてセロテープで貼っただけ...
返信用封筒もIRCもナシ、よって私からはBureau経由での返信になります。

chile

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2006

封筒

こんなのも出てきました。
きれいな切手ですね。
envelope2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

変わった封筒

昨日に続いてSASEとして送られて来た封筒です。
きれいでしょ?

envelope

| | Comments (0) | TrackBack (0)