« September 2007 | Main | March 2008 »

February 25, 2008

とほほ...

私の大事なThinkPad X41が何の前触れもなしに死んでしまった。
PC Doctorで診断しようにも、キーボードエラー #0211でエラーを出していう事を聞かないのだ。
過去のDellやDaynabookは相当過酷に使っても壊れず、今でも使えているのだが、一番新しい(と云ってももう2年だが)ノートが使えなくなってしまった。
何ともとほほな話である。
これでしばらく新幹線での暇つぶしにPCが使えない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2008

落日のJA その2

私も英語は全くの苦手で、高校大学を通じていつもギリギリで単位を取って来た口です。
年を取るに従って、つくづくコミュニケーションの重要性を感じるのであります。

これだけ世界が身近になって、誰でも気軽に世界へ出られる時代になって、またインターネットの普及で出かける先の情報がふんだんに手に入るのに、単に言葉が分からないと云うだけでそれら各種の情報入手の機会を失うのはとてももったいない事だと思うのです。
もっとも、そんな有益は情報がある事すら気づかないのだから(だって意味が分からないのだから)、もったいないとも思わないのでしょうが。

ハムの世界も、英語や世界とのコミュニケーションに慣れている方は、早くから情報の入手や活用について手慣れている人が多かったけど、やはり大多数は目の前の「広がる世界」を気づかずに通り過ぎているのが実情でしょう。
製品でも、トランシーバーのような技術の固まりは大企業の範疇ですが、キットやツール、ソフトウェアなど、世界中にありとあらゆる製品が存在しています。
これらは玉石混合で良くないものもありますが、反対に安価でとても素晴らしいものもあるのです。
自分のハムのスタイルにあったこれらのツールに巡り会った事に喜びは、また格別なものではないでしょうか?
ハムライフを細く長く続けて行くために、こういう世界に目を向けてみると、きっと違った何かが見つかるはずです。

通勤の電車の中で記す

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2008

落日のJA

1970年代から、世界のハム技術を引っ張ってきたJAの各メーカーに、今や大きなかげりが見えている。
即ち、日本国内のハム人口の減少が大きく影響しているようだ。
メーカーの需要を買い支えた新規初級ハムの減少や、インターネット等の新しい興味へ移行した事でのQRTなど、1990年代をピークとした山は現在急激に下降線をたどっている。
これは、ハムのイベントに出かけてみると良く分かるのだが、出席者は本当に老人ばかりである(笑)
しかしだ....
我々日本人は、言葉の問題でなかなか「世界のお仲間」に入れて貰えないが、実は日本以外のハム界はどうしてどうして、とても元気である。
ガレージショップのような店が多数インターネットで販売をしているし、いろいろ情報ソース、例えばQTH.comやcontesting.comが提供している各種メーリングリストに日々ポストされる数は半端ではない。
顕著な例として、ハム人口など、日本とは及びもしないほど少ないNZのDXメーリングリストでさえ、一日分に目を通すのでさえ、私には大変な量なのだ。
インターネットを通してハムの世界も更に世界化し、よりそれぞれのハム同士、国同士の結びつきが緊密となる中で、このような事実だけ見ると、何故かJAだけが取り残されている気分になって仕方ないのだ。
世界のハム界で揺るぎない地位を築いた三大メーカーのうち、事実上K社はハム界から脱落してしまったし、Y社は米国モトローラ社の経営配下に入る事となったようだし、かつてハム界をひっぱった年齢層の消滅と共に、これらの会社も姿を変えて行くのだろうか。
世界の賑わいを見るにつけ、何事も無常を感じる今日この頃である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2008

QST on CD-ROM 2007

私のARRLメンバーシップは、先の投稿の通り、マンスリーQSTを受け取らず、年一回のCD-ROMでもらう事になっている。
今年はもう2月も後半になろうとしているのに、未だに2007年版を受け取っていないため、また忘れられたかと思って、ARRLに確認のメールを出してみました。
すると返事はすぐに来て、

These have just come in, and will be mailed out within the next few
weeks.
Cathy

との事。
...すると到着は3月になるねきっと...
ため息...

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 15, 2008

念願のもの

長い間...と云うよりも、もう手に入らないと思っていた子供の頃のあこがれのリグ...
FT-DX401(FT-401Bはそれの最終モデル)がついに手に入りました。
それもピカピカのモデル。
はるばるとアメリカはテネシー州からやって来た「出戻り娘」は、ここを終の棲家になるのやら。

401b_1

新旧のYAESUのフラグシップを並べてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | March 2008 »