« 梅雨のあとさき | Main | 佐野のラーメン »

July 18, 2006

電子辞書

数ヶ月前から、女房のお下がりの電子辞書を使っています。
CASIOのEX-WORDと云うモデルですが、一旦使い始めたら手放せないですね。
今の高校生はほとんどがこの手の辞書を使っているそうで、うかつにも拙宅の息子も使っているのを忘れていました。
今は大学生になったので、第二外語に取った独語の入ったモデルが欲しいと騒いでいたが、その後どうしたかな?

電子辞書で私が一番に便利にしている機能は広辞苑で、調べ事や書き物をする事が多いから、こんなに便利になるとは思えませんでした。
いやぁ...もう今では絶対手放せないですね。

辞書で思い出したけど、今でも一太郎をメインのワープロにしている私は、フロントエンドプロセッサのATOKに惚れていると言い換えても誤りではありません。
もちろん私自身はWordも使えますが、何といっても一太郎の軽さとMS-DOSの時代からのフィーリングがベストフィットなんです。
これが今だに使い続ける一番の理由です。
現在の最新版、一太郎2006の拡張辞書機能は、例えばこうしてインターネットへの書き込みの際にも大きな力になってくれますし、快適な変換機能が大好きです。

閑話休題

皆さんの仕事カバンには何が入っていますか?
いつか私のカバンについてだけ、ここで書きたいと思っている位なんですけど、とにかくいろいろなものが入っています。
ただでさえ重さが増える一方なので、電子辞書も持ち歩きたいと云う気持ちに反して、現実はなかなか難しい...
えっ??、たかが数100gと侮るなかれ、そのちょっとがカバンの重量を増やす元なのです(笑)
ノートパソコンは、ThinkPADとDynabookを使い分けていますが、やはりカバンに入るとずっしり重く感じます。
ThinkPADも2kgないけど、持ち歩くには厳しいですね。

|

« 梅雨のあとさき | Main | 佐野のラーメン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49578/10999951

Listed below are links to weblogs that reference 電子辞書:

« 梅雨のあとさき | Main | 佐野のラーメン »