« June 2006 | Main | August 2006 »

July 26, 2006

プラハの春

うちの愚妻は何を思ったか、最近非常に読書量が増えていて、勤務先の学校(県立高校)の図書館から切れ目なしに本を借りてくる。
今年、転勤で某実業高校へ移ったのだが、今までの受験校から、今度は比較的英語科の単位数が少ない実業高校への移動のため、教材研究に時間を割く割合が減った事も事実。
そして恐らくこれが唯一一番の理由でもあるようだ。

今までは、夜なべで予習をしていたが、正直、今はそこまでの必要もないようなのだ(受験校はセンセイも必死に勉強しないと生徒に教えられないのです)
そこで時間調整(?)のために、図書館の司書に勧められて読み始めたらしいのですが、これがまた「はまってしまった」から勢いがついたと云う訳。
まぁ、大したものを読んでいるんじゃないけど、今までの彼女からすると大きく変わったと云えるかも知れません。

最初は横山秀夫の「半落ち」に始まって、「クライマーズハイ」などなど...
横山秀夫は、当地の新聞社の記者だった事もあるし、年齢も一緒だと云う事で、ひょっとすると「友達の友達」の可能性も有ることから親近感を持ったようだ。

前振りが長くなったが、現在、彼女は春江 一也 の「プラハの春」にはまっていて、かなりの長編にも拘わらず、もう2度繰り返して読み切ってしまったらしい。
私はプラハの春といえば、戦車の前に立ちふさがる市民を写し取った写真が印象に深いが、それ以上の知識は生憎持ち合わせていないので、なかなか彼女の様子について行く事が出来ないのだ。
この歴史的事実に立ち会った元外交官がつづった小説は、美しいヨーロッパの町並みを想像させ、それがまた彼女の興味を惹いているように思われる。

私は1986年にプラハ空港を経由してブダペストに入った経験があるが、この頃のプラハは空気が重い町だった。
何しろ旅行者は写真撮影を制限され、まるでヒットラーユーゲント(格好がと云う意味、他意はありません)の様な警官だか兵士だか、はたまた特務だかの武装した青年が空港中、そして飛行機の仲間でうろうろしていたのを思い出す。
あれから20年、かの国はどうなっているのか、一度訪ねてみたいと云うのが私の唯一の興味かな?

そんな私の心の動きを知ってか知らでか、彼女は今日も本の世界に入り込んでいたようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2006

IC-PW1

こんな時間(AM02:00)にブログを書いているようじゃいかんが....

先日、ICOMに修理依頼をした表記のリニアだが、修理前見積を頼んでおいたので、昨日その連絡をもらった。
その見積金額は了とし修理作業を実行するが、ただ修理対象箇所が基板のハンダ付けクラックだと云う説明なので、ちょっと首をかしげている。
クラック(Crack)とはそのまま訳せば「ひび」と云う意味だと解したが、ハンダあげされた部分のひびって一体何なのでしょうか?
移動体ではないのだから、一旦正常にハンダ処理されていれば、そうそうクラックと表現されるような現象が出るとは思えないのだが、実際のところはどうなのだろう。
各部点検の上で返却とあるが、ちょっと引っかかったので書いてみた次第。
ぼちぼち寝るか....

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2006

24 - Twenty four

ライブドアのぽすれんと云うサービスで、内外の映画やTVドラマのDVDを借りています。
その中で、遅まきながら「24」のファーストシーズンを手に入れて、先ほど見たのですが、確かにはまりますね。
つぼに来るって云うか、完全にどこを攻めたら釘付けになるかをしっかり知って作ってますよね。
これから連ちゃんで借りる事になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2006

大阪到着

無事に墓参も済ませて、少しだけど掃除もしたし、1年の気持ちの整理もつきました。
今年は私一人ですから、気ままな一人旅です。
出張の延長戦で来ているのだけど、その続きが私用だと何だか不思議な感じですね。

今日は橿原神宮にお参りしてきました。
あとで写真をアップします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2006

明日は大阪

正確には明後日の朝、大阪に入ります。
そしてその晩は、3エリアの皆さんとアイボールが待っています。
今年は初めてお目にかかる方もおいでなので、今からとても楽しみです。
ちょっと天気の悪いのが心配ですが(特に長野の災害地から行くので)、まぁ高速道路は大丈夫でしょう。
やはり生まれ故郷に帰るのは、何だかワクワクしますね。
群馬には日曜日の夜に帰る予定ですが、仕事によっては月曜日の夜にずれ込むかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2006

佐野のラーメン

今日は当地も凄い雨でした。
梅雨の末期は、どこかしらで災害の話が聞こえてくるので胸が痛みます。
被災された方々にお見舞い申し上げます。

そんな時に食べ物の話題で恐縮ですが、初めて老舗の佐野ラーメンってやつを今日食べました。
その店の噂はいろいろ聞いていましたが、食べる機会がなくて(いつも遠くの幹線を通過するだけ)今日に至った次第です。
運ばれたラーメンを見ると、ひょっとすると群馬では塩ラーメンと呼ばれてしまうかもしれないような、透明のスープでした。
私は個人的にはこういうのが好きですが(元々薄口なので)、最近のやたらに濃いい(?)ラーメンになれた口にはちょっと物足りなさを感じるかもしれませんが、食するうちに旨味が口に拡がります。
それと、広い駐車場の奥に飾り気のない店が、間口を大きく開いて待っている風情は良いですね(笑)
最近、ラーメン屋がやたらに「曲がった字体」で、昭和何年創業だの、旨味の能書きだのを店の壁や看板に書き殴るのを快く思ってなかったので、その点は合格ですな。

群馬の藤岡と云うところも、佐野ほどではないけれど、ラーメンで売り出そうとしたので、中には私の好みの店があります(ありました)
決して清潔とは云えない店でしたが、私がこの20年くらいの間に食べたラーメンの中で、最もおいしかったと思っているラーメンなんですが、惜しむらくはオヤジが亡くなってしまったために、とうとう店を閉めてしまいました。
こうして本当の意味での「昔ながら」の中華そばが姿を消してゆくのです。

このラーメン屋は、店内に猫がいて、人間様より偉そうにしていました。
客が来ても平気で椅子の上で丸くなっているし、常連はそれを抱きかかえて自分が座り、膝の上に乗せてやるのですから、甘やかすにも程がある(笑)
しかし、何を隠そう私も膝に猫を乗せてラーメンを食べた事が一度や二度ではありません。
こういうのって、食品衛生法上どうなのかと思うけど、みーんなウマイから文句云わないんじゃなかったのかな?
惜しい店でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2006

電子辞書

数ヶ月前から、女房のお下がりの電子辞書を使っています。
CASIOのEX-WORDと云うモデルですが、一旦使い始めたら手放せないですね。
今の高校生はほとんどがこの手の辞書を使っているそうで、うかつにも拙宅の息子も使っているのを忘れていました。
今は大学生になったので、第二外語に取った独語の入ったモデルが欲しいと騒いでいたが、その後どうしたかな?

電子辞書で私が一番に便利にしている機能は広辞苑で、調べ事や書き物をする事が多いから、こんなに便利になるとは思えませんでした。
いやぁ...もう今では絶対手放せないですね。

辞書で思い出したけど、今でも一太郎をメインのワープロにしている私は、フロントエンドプロセッサのATOKに惚れていると言い換えても誤りではありません。
もちろん私自身はWordも使えますが、何といっても一太郎の軽さとMS-DOSの時代からのフィーリングがベストフィットなんです。
これが今だに使い続ける一番の理由です。
現在の最新版、一太郎2006の拡張辞書機能は、例えばこうしてインターネットへの書き込みの際にも大きな力になってくれますし、快適な変換機能が大好きです。

閑話休題

皆さんの仕事カバンには何が入っていますか?
いつか私のカバンについてだけ、ここで書きたいと思っている位なんですけど、とにかくいろいろなものが入っています。
ただでさえ重さが増える一方なので、電子辞書も持ち歩きたいと云う気持ちに反して、現実はなかなか難しい...
えっ??、たかが数100gと侮るなかれ、そのちょっとがカバンの重量を増やす元なのです(笑)
ノートパソコンは、ThinkPADとDynabookを使い分けていますが、やはりカバンに入るとずっしり重く感じます。
ThinkPADも2kgないけど、持ち歩くには厳しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2006

梅雨のあとさき

今週末に大阪に行こうと思ってます。
ここ数年、この時期に生まれ故郷である河内松原の生家と、祖父母の眠る近くの墓に詣でるのが夏の約束になっています。
群馬に来て暮らした時間がずーっと長いけれど、まさに三つ子の魂百まで、の例え通りに、自分の意識・無意識の記憶の中にはっきりとその故郷が残っています。
誰にも説明出来ない血の流れのような、不思議に懐かしく、また何かに引きつけられるように生地へ帰ります。

子供の頃、あれほど嫌だった京都・奈良のお寺参りも、今は進んで行きたいと思うし、また何とも表現のしようがありませんが、セミの声を聞きながらお香の漂いに心から癒される気持ちです。
私をかわいがってくれた叔母が、たいそう寺社仏閣が好きで、中学生くらいまでそのお供に連れられたのですが、当時これが私はイヤでイヤでたまりませんでした。
暑い夏の京都を、当時市電がまだ走っていましたから、それを乗り継いで有名寺社から誰それの隠居所の様な場所を巡ったのですから、今思えば子供にその意味を知れ、と云う方が無理だったかもしれませんね。
しかし、その叔母が教えてくれた事が、今、この歳になってやっと本当の意味が分かります。
私は仏教徒ではありませんが、薄暗く、また一瞬の清涼感を知るお堂の中で、遙かなる大脳の無意識域をくすぐるお香に包まれてこうべを垂れる時、遠く霞んでしまった記憶の中に、確かに祖父母の姿を認める事が出来ます。

梅雨が明ける頃、大阪は一気に暑くなります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2006

三丁目の夕日を見ました

私が生まれたのが、この映画のベースと同じ昭和33年....
映画の舞台は東京です。

もちろん33年は生まれた年なので記憶にはないけれど、そこかしこに脳の無意識域を刺激するような懐かしさに溢れていた。
私の家では、昭和50年頃までは昭和のにおいがプンプンしていなぁ~(当たり前??)と、懐かしくもまた思い出すのであります。
今でこそ年を取っておとなしくなったけど、オヤジも若い頃は厳しかったし、お袋も元気だった。
元気と云えば、子供がいつも元気だったよね。
「ねぇ~お小遣いくれよぉ~お願いだよぉ~」ってな感じ(笑)

昭和40年代はまだ戦争の影が色濃く残っていて、上野の駅には傷痍軍人さんが沢山座っていた。
軍帽を被って白い寝間着をまとった姿は、子供には少し怖く見えました。
これも私の中の昭和の一こまです。

世はまさに高度経済成長に向かい、知らずのうちに自分もその恩恵に与っていたが、今思うとなくしたものも多かったんだなぁ...って考える事も多い。
ここではあまり書きたくないけど、いつの頃からか、無垢の子を殺める母親、親に刃物を振り回す子など、心底心が暗くなるような話を聞かない日がない位の毎日に、遠い時代を知るものは貧しさや不便さを解消する代わりに得たものが一緒に連れてきた傲慢さや無責任に戦慄を覚えるのです。

ノスタルジーばかりに浸ってはいられないけど、この映画を見た掛け値のない印象は、まさに「ノスタルジー」以外のなにものでもなかったのです。
若く元気で働き者だったオヤジと、優しい後ろ姿が大好きだったお袋の鶴亀までの長生きを祈らずにはいられない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 15, 2006

TS-2000のブラックバージョン

”トリオ”のリグとして、限定バージョンが出るそうです。
いいねぇ....
今日届いたCQ誌にも掲載されていましたが、最近になくヒットかな?、と思っております。
余裕があれば買いたいですが、お金もないし残念。

Ts2000ft_trio

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2006

福岡の夜

仕事で博多に来たのは何年ぶりでしょうか....
最近はほとんど縁がなくて、或いは入札があっても負けてばかりで出番がありませんでした。
今日はJH6WDG良永さんの他、地元のハムが集まって一緒に食事をしてくれたので、とりあえず寂しい夕食にならずに済みました。
博多祇園山笠の追い山が見られないのは大変残念ですが、それでも楽しい出張でした。
明日の早朝の便で帰ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2006

ThinkPadのポシェット

我が愛機のThinkPad X41用にポシェット買いました。
ジッパの部分に赤いトラックポイントキャップを意識したワンポイントがとってもオシャレです。
写真じゃ光っちゃって見えないね。

Thinkpad_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2006

結局これになりました

Mirobe


デジタルオーディオプレーヤーを買おうと思っている、と以前書きましたが、結局買ったのはオリンパスのHDDプレーヤーとなりました。
その理由は...

・5GBのHDD搭載(約2500曲分)
・安い!(\11,000-)

ディスコンで在庫処分になっていたものを、伊勢崎のk's電気で買いました。
USB接続でパソコンからMP3に落とすのですが、ソフトの操作性などはSONYに比して見劣りしますが、まぁ頻繁に曲の入れ替えをする訳でもないので、あとは慣れの問題かな?と思っています。
でも、これが手に入ったので、電車に乗っている時間も(そしてDXバケも!)、退屈せずに済みまぁ~す(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2006

映像を見つけましたよ!

DXバケの掲示板に書くようなネタじゃないので、こちらにまとめる事にしました。
論評抜きで行きますから、とりあえず駆け抜けて下さい。

お前もか!小倉智昭 編(私のお仲間がいて良かった)

松浦亜弥(オジサンも男だ!許されよ)

と、云うわけで、本題のハムラヂオ編

台灣火腿 my shack amateur radio(JJ1TBB河崎の声!???)

ED3SSB - WPX contest 2006

Virginia Beach Radio Club " Field day 2006 " フィールドディを楽しんでいます! お勧め!

K3VR Shack Video (自分のシャックをご紹介!)

BX4ATとBV4SV その1

BX4AT その2

モールス vs メールチャット (CWの方が絶対速いのにね...)

アマチュア無線アルファベットビデオ(まぁ、1回見ればいいか...)

DW1SCO 自作トランシーバー (いるんだね、世界には、夜な夜な励む人が...)

Aland Island Dxpedition

高級住宅街でアンテナ建てたら怒られた...(Stepper -IRかしら?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »