« February 2005 | Main | May 2005 »

April 27, 2005

免許更新

早いものですね(そんな気がする)
固定局の免許更新の時期なので(8/6まで)、早めに申請をして昨日新しい免許状を受け取りました。
来月から申請のフォームが変わるそうで、インターネットで配布されている今の書類が使えるうちにと思ったからです。
実はJJ1BDX力武さんにJARL販売のものをいただいたので、大変助かりました。
次は19年に移動局の免許更新です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 22, 2005

43年目のExtraクラス

最新のQST誌を見ていたら、43 years to Extraと云うsubjectの記事に目が止まった。
K3FKI(ex WA2YWO)と云う方ですが、一体何歳なんだろうか?
いろいろ書いているけれど、Extraになれた嬉しさが滲んでいるような内容でした。
彼はCWが苦手みたいだったが、2000年に始まったアメリカの資格制度のRestructuringがもたらした幸運なのでしょうが、そうだとしてもこれこそ細く長く楽しむ者の最後の勝利かも知れませんね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 18, 2005

春の小さな旅

思い立って女房と娘を連れて秩父市の羊山公園へ行きました。
芝桜で有名なところですが、まさに見頃と云う事で大変な人混みでしたが、隣接する公園で思いがけず満開の桜が折からの春風に舞い飛ぶ美しい場面に出会えました。
桜の下で舞い散る花びらが髪に肩にかかるのを見ながら持参したおにぎりをほおばりました。
こんなに春を満喫できたのは何年ぶりの事だろう?

八高線の心地よい車輪の響きに、つい睡魔に負けてしまって、あっと云う間の汽車旅でした。

shibazakura

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2005

マイブーム:K2/100

V73VE斉藤OMからお預かりしているK2です。
N1MMとの連動など、性能以外にいろいろな評価に忙しいところです。
ひょっとしたら、写真の隣に並んでいるHL-1Kとセットで海外遠征にデビューするかも知れません。
dscn0763_

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CQ出版50周年

cq2

cq1

CQ出版社から50周年記念誌をいただきました。
斬新な装丁で、御社の電子業界に残した足跡がつぶさに見て取る事が出来る素晴らしいものです。
当然ですが、ハムに関係する部分は紙面を多く割いて、自らのハム人生を重ね合わせて見る事が出来ました。
私自身は、CQ出版100周年には立ち会えませんが(笑)、節目の年によいものをいただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2005

パソコン切替機

大分以前から使っているものですが、1台のキーボード+マウスを複数台のパソコンで共有する装置です。
切替はキーボードから行うので快適です。
dscn0635_
実は液晶モニターを3台並べていた時期もあったのですが、さすがに15"サイズとはいえ、無線機と液晶モニターで机の上は作業スペースが取れなくなって滅茶苦茶でした。
今は、無線用のツインモニターのうち1台がこの切替機でエクストラなパソコンとシェアされます。
大変便利です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2005

SCSIのターミネーター

12日は都内にいたので、帰りに有楽町のビックカメラで捜し物をして来ました。
と云うのも、我が方のパソコン屋では、SCSI関連の製品がほとんど見当たらなくなってしまって、急に困っております。
N1MM評価の延長線で、どうしてもSCSI機器をつながなくてはならないのに、ターミネータがなくて機器を認識させられない事態に陥っております。
会社のものはHalfのものしかなくて(先を考えるとそれはそれで問題だけど)C1464
、仕方なくビックカメラに探しに行った次第です。
でも、実はお店で見つけるには見つけたのですが、あまりに値段が高いので買うのを止めました。
何か別の事を考える事にしたいと思います。

外部機器接続はSCSIが当たり前だったけど、時代の流れはあまりに速くて、ちょっと気を抜くと今浦島のような不思議な気分にさせられてしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2005

古いパソコン

以前は廃棄になるパソコンをもらってきては、リサイクルしたものですが、最近はそんな需要も満たされて、ただのゴミ扱いになる事が多いです。
何と云っても新品パソコンの値段が下がった事が一番ですが、それと同時に最近のパソコンのライフサイクルが、昔のそれと比べて極端に短くなったことも要因のひとつでしょうね。
にも関わらず拙宅のサーバーやDNSは今でもリサイクル品です。
今回、Telnet-ClusterのマシンをDELL製PowerEdge1400に代えましたが、これも開発用として購入した元々はRedhut-Linuxが乗っていたマシンでして、MOまでついた優れもの。
大変FBで、我々のサービスにはこれで充分です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 10, 2005

逆輸入品

モービルで使っていた430/1200MHzのモービル機(FT-6200)が大分疲れてきたので、新しいリグを買いました。
FT-6200も逆輸入品でして、当時(8年ほど前)はなかなかのものでした。
何しろ国内製品価格に比べて格安ですから、一番の魅力はこのアドバンテージですね。
今回も価格に負けて、同じくバテスタ社のFT-7800Rにしました。
出力はいずれも50Wでセパレートキットも用意されてますので、条件としては充分です。
これで$250でした(もちろん新品)
FT7800R

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 08, 2005

FT-1000 MKV vs IC-756Pro3

洋の東西を問わず、やはり人間というものは同じなのですね。
ICOMのリフレクタばかりでなく、US-DXリフレクタでも表記の2大トランシーバーについて、どっちが良いとか、優れているとか意見が交わされています。

私に云わせれば、大体、最初の切っ掛けが悪いんです。
「そろそろ新しいのにしたいけど、みんなどっちが良いと思う?」ってリフレクタに放るもんだから、参加者それぞれの嗜好が一斉に吹き出して滅茶苦茶になる訳です。
気持ちは分かるけど、こういう事を不特定多数に訊くのは間違ってますね。
US-DXリフレクタにもあったけど、リグに何を期待するのかとか、どんな性能の優劣にプライオリティをつけるのかとか、みんな条件が違う訳だから応えるほうも立脚点で違えばかみ合うはずがないのです。
あげくの果てには、QSTのレビューのデーターで、3次IMDがどうたらこうたらなんて本文に書く奴まで出てくる始末。
リグの優劣はハムが続く限り永遠の話題でしょうが、反面空しい議論とも云えるような気がします。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

April 07, 2005

大好きな桜の季節がやって来ました。
昨日、田園調布から多摩川付近を通ったら、知らない間にずいぶん桜が咲いていました。
うかうかしていると、満開も気づかずに春が行ってしまうかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2005

K2/100

はるばるマーシャルから私の手元に、Elecraft社のK2が届きました。
これはV73VE(JA8VE)斉藤OMの持ち物で、かつでVK9XやVK9Cで活躍したリグです。
私がデイトンで購入を考えていると云ったら、それを見た斉藤OMがお譲り下さるとおっしゃって下さいました。
元々、小型のリグが欲しかったのですが、特にK2には興味があったので、失礼も顧みず「貸して下さい!」と無理をお願いしてしまいました。
しばらくはコンピューターロギングとの連動を評価しますが、いずれはどこかの島巡りに携えて行きたいと思っております。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 03, 2005

いやぁ~ブログもずいぶんサボってしまいました。
毎年の事ではあるけれど、年度末はまったく余裕がなくなってしまうのであります。

今年は某放送局や大学図書館のシステムが重なり、全くひどい状況でしたから、精神的に追いつめられたようなところがありました。
今でも実は完全に終わった訳ではないのですが、営業的には一応のまとめを見ています。
新年度のキックオフも終わり、また新たな気持ちで頑張るしかありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | May 2005 »